Zowie's Room
夢事典(夢占い)手のツボ体に良い食べ物手帳リフィルブックカバー&栞着せ替え人形ペーパーグッズA4いろいろプリントiPhone壁紙
ハッピー手相術夢を叶える本イラストエッセーi-shot写真ザウイの写真プロフィールブログダイエット表ムーンカレンダー


















手帳リフィル:TODAYインデックス。ダウンロード(印刷)して使えます。


リフィル無料ダウンロード

手帳リフィル/TODAYインデックス(ダウンロード用)


システム手帳(ミニ6穴、バイブル・サイズ)『TODAYインデックス』(週間スケジュール/マトリョーシカ)
リフィル/ミニ6穴リフィル/バイブルサイズ

紙でできたTODAYインデックスです。

1週間のスケジュールやTo Doなどが書き込めます。

マンスリー・スケジュールと併用して使うと便利な差し込み式(使い捨て)の『1週間のスケジュール又はTo Doメモ』とTODAYインデックスを組み合わせたものです。

手帳リフィルのウィークリーは使わず、マンスリー・スケジュールのみを使っていると、毎日のこまごまとしたやる事をどこに書いたらいいか困る、というようなことありませんか?

大事なことや、イベント・約束事などはマンスリーの毎日のスペースに書いても、こまごまとした雑用的な事まで記入していると、書ききれないし、ごちゃごちゃして、あとで1ヶ月を見渡すときも、とても見ずらくなってしまいますよね。また、あちこちにメモしているうちに、メモがどんどん増えて収拾がつかなくなったり、ふと、思い付いて書こうと思ってもメモ紙が見つからなかったり…。

そんな場合にとても便利です!また、差し込み式なので、かさばりません。

ウィークリー・スケジュールを使っている方で、手帳をキレイに使いたい方にもおススメです。日々の雑用的な事は、この差し込み式インデックスに記入し、あとで記録として残したいことのみ、本来のリフィルに転記するようにすれば、ごちゃごちゃせず、後で見返すときも、とてもキレイで分かりやすくなります。

印刷後、カットしたら6穴パンチで穴をあけます。さらに、その穴の真ん中あたりにハサミで切り込みを入れて下さい。穴に切り込みが入っていると、金具をはずすことなく簡単に手帳にセットできます。(差し込めます。)

2枚(2週間分)を手帳にセットしておくと翌週分もあらかじめ記入できますし、1週目が終わったら、消しゴムで消して交互に使うことができます。
☆記入する際、鉛筆やシャープペンなどでうすく書くようにして、何度も消しゴムで消してぼろぼろになるまで使うことをおススメします。
※シャープペンを使うより、いい方法を見つけました!消せるボールペンを使えば、もっと簡単に(しかも、楽しく)消したり書いたりできます。♪詳しくはブログをご覧くださいね。

厚紙ではなく、普通の厚さの用紙にプリントして、じゃんじゃんお使いくださいネ。

☆他に同じく差し込み式の
12cmの定規付きインデックス(マトリョーシカ)毎日のTo Do、週間To Doもあります。(ミニ6のみ)
バイブル・サイズ用のデイリー・スケジュールが書き込めるタイプ→
TODAYインデックス(バイブル・サイズ/マトリョーシカ)

また、穴をあけずにカッターで切り込みを入れて使う栞(しおり)タイプのTo Do&デイリー・スケジュールもあります。


※サンプルはミニ6穴用です。
(リフィルのダウンロードは下から)

TODAYインデックス/手帳リフィル

PDFファイルになっていますので、
開くには、Adobe社のAdobe Reader(旧Acrobat Reader)が必要です。
◎お持ちでない場合は、下のアイコンをクリックすると、Adobe社のサイトから無償でダウンロードできます。(または『Adobe Reader をダウンロード』をクリックしてください。)

  

Adobe Reader をダウンロード




手帳リフィルのトップページ
リフィル一覧があります。



デザインの盗用、修正加工、転載、再配布は
厳禁とさせていただきます。



↓よくお読みになって、ご利用くださいね。

ダウンロード・印刷方法など


 下にあるそれぞれのデータのファイル名、またはダウンロードアイコンをクリックすると、ダウンロードできます(あるいはPDFファイルが開きます)ので、デスクトップなどに一旦保存し、Adobe Readerで開いて印刷して下さい。(ダウンロードマネージャが起動される場合は、「開く」か、任意の場所を指定して「保存」を選択して下さい。)

●PDFデータは開くことを毎回確認のうえアップしていますが、お使いのPC環境(OS、Adobe Readerのバージョン、ブラウザ及び、それらの設定)によっては一部表示できない(開かない)場合があるようです。ダウンロードできない、PDFファイルが開かない、「ファイルが壊れています」等のエラーメッセージが出る場合はPDFファイルが開かない場合はをご覧下さい!

※Adobe Readerが入っていない場合は、上記のAdobe Reader をダウンロードして下さい。Adobe Readerのバージョンが古い場合、データの一部が白紙になるなど、正しく印刷されない場合があるようです。お使いのAdobe Readerのバージョンをご確認のうえ、最新バージョンをAdobe Readerサイトからダウンロードしてお使いください。(プリンターのドライバソフトも同様です。)

 
印刷時の設定
・用紙サイズ→『A4』

・用紙の向き→それぞれのデータを参照してください。
・印刷モード→プリンターによって異なるかと思いますが、『きれい』または『ファイン』、『フォト』などにしてください。
用紙設定(またはプリント設定)で拡大率を『100%』にして、さらに「プリント」の画面で「ページの縮小/拡大」を『なし』(または『しない』)にして下さい。(または「用紙サイズにあわせてページを縮小(拡大)」のチェックをはずして下さい。
詳しくは『印刷の詳しい設定方法』をご覧下さい。

同じデータでも、プリンターによっては印刷仕上がりが濃すぎたり、あるいは薄すぎることがあるようです。その場合は印刷の色が濃すぎる/薄すぎる場合はをご覧下さい。

 
システム手帳を開いた時に左側にくるのが左側用、右側にくるのが右側用となっています。

※PDFファイルは開くと、Adobe Readerのバージョンによっては実際よりかなり粗く表示されますが、印刷には影響ありません


リフィル/ミニ6穴ミニ6穴サイズ(ヨコ80mm×タテ126mm)用

※用紙の向きは『タテ』に設定してください。
TODAYインデックス・スケジュール/マトリョーシカ(右側)ダウンロード
このリフィルは右側のみです。



リフィル/バイブルサイズバイブルサイズ(ヨコ95mmまたは105mm×タテ170mm)用

※用紙の向きは『ヨコ』に設定してください。周りが切れて印刷される場合は、印刷の余白設定を小さめにしてください。

TODAYインデックス・スケジュール/マトリョーシカ(右側)ダウンロード
このリフィルは右側のみです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 ※印刷後カットする際は、カッターを使い、長い直線部分に定規をあてて切ると、キレイにカットできます。(面倒な場合はハサミでも。)あとは、穴開けパンチで穴を開けて、システム手帳にセットしてお使いください。

 手帳用の穴開けパンチ(6穴)は、文具店や、デパートの手帳リフィルの売り場に、たいてい置いてあると思います。

 お店で手帳用6穴パンチが見つからなかったり、探すのが面倒な方は、『
システム手帳の七つ道具』で紹介していますので参考にしてください。
パンチの穴開け
【穴開け時の注意】
6穴パンチで穴を開ける際、パンチに当てて穴を開ける側を、右側か左側か統一しましょう。パンチの向きを上下で変えて使うと、パンチによっては、穴の位置が上下にズレることがあり、バインダーなどに閉じると、高さが合わないことがあります。これを防ぐには、たとえば、いつも左手で用紙を持ち、パンチを右にして、用紙の右側に穴を開けている場合は、いつもそのパターンにするようにしましょう。逆に、右ききの方で右手で紙を持ち、パンチを左にして、左側に穴を開けている方は、毎回そのパターンにしましょう。※ただし、既製のリフィルと併用する場合は、試しに1枚穴を開けて合わせてみて、穴の位置が既製のリフィルと近い方(向き)で開けるようにしましょう。

 ☆おススメの用紙は、Canonの「
キャノン普通紙・ホワイト SW-101」(A4/250枚入り:税込定価¥420)です。今まで用紙は色々使ってきましたが、これが一番紙の色が真っ白で、印刷仕上がりもキレイです。もちろん、両面印刷もできますし、また、手帳リフィルとして使う場合、地の白の色が真っ白だと見た目も気持ちいいですし、書き込むのが楽しくなりそうです。(使ううちに黄ばんでくることもなく、ずっと真っ白な状態で使えます。)





ダウンロードはもちろん無料ですが、
使ってるよ、等のご報告&ご感想メールを頂くと
とっても嬉しいし、励みになります!♪

また、予告なくデザインなどを変更することも

あるかと思いますが、ご容赦ください。

※限られた時間内で作業しているため、リフィルのリクエストには
応じることができません。どうか、ご理解くださいませ。






皆さんはプリンターはどのようなタイプを使っていますか?

 
私は、色が鮮やかでキレイな点が気に入って、数年来ずっとエプソンのプリンターを使っています。現在使っているのは、PX-G930という機種ですが、顔料インク(8色タイプ)なので、何といっても水に強い点がとってもポイントが高いのです。

 以前は、染料インクのプリンターだったので、手帳リフィルに限らず、プリントアウトしたものは水に弱く、ちょっと湿った手で触っただけでも、すぐにじんで汚くなってしまうのが、とてもイヤだったのですが、これにしてからそんな悩みから解放されました。

 私の周りでも、インクジェット・プリンターでプリントアウトしたものは水に弱いもの、とあきらめている人が意外と多く、顔料系と染料系の説明をすると、水に強い方が絶対いいから、今度買い替える時は顔料系のプリンターにする、という人が増えています。

 プリンター用紙にも、水に強いタイプもありますが、若干割高ですし、それよりも、プリンター自体が水に強い顔料インクを使用するタイプの方が、用紙を選ばないし、用途も広がります。せっかくキレイに作った年賀状やポストカードが、雨の日に配達されてにじんで汚くなるという心配もなくなりますし、色々なものをプリントアウトしても、水を気にしなくていいって、思っている以上に快適ですヨ!(積極的に水をかけるのは論外ですが。)

※ご参考までに↓
エプソン インクジェットプリンタ 顔料/4色 PX-V780
エプソン インクジェットプリンタ 顔料/8色 PX-G930



All rights reserved 画像の無断転載、複写、無許可使用禁止します。