Zowie's Room
夢事典(夢占い)手のツボ体に良い食べ物手帳リフィルブックカバー&栞着せ替え人形ペーパーグッズA4いろいろプリントiPhone壁紙
ハッピー手相術夢を叶える本イラストエッセーi-shot写真ザウイの写真プロフィールブログダイエット表ムーンカレンダー







医食同源”体に良い食べ物”/Zowie's Room


 イチゴ(苺)

主な成分:ビタミンC、クエン酸
効能:シミ・ソバカス、美肌、風邪、便秘、動脈硬化症、リューマチ、歯槽膿漏、ストレス

 イチゴはビタミンCの宝庫といわれるほど、ビタミンCを多く含む(含有量はミカンの2倍)ため、個人差はあるものの、1日に必要なビタミンCはイチゴ5、6個で摂取できる。ビタミンCには、肌にメラニン色素が沈着するのを防ぐ作用があり、シミソバカスのない美肌作りに効果を発揮する。〈A〉

 
さらに、ビタミンCは風邪など病気全般に対する抵抗力を形成する効果がある。また、ケガや手術後の傷口をふさぐための結合組織の再生にもビタミンCが大量に必要になってくる。〈A〉

 
食物繊維も豊富(含有量はバナナに匹敵)なため、便秘に効果があり、コレステロール値も下げてくれる。〈A〉

 
リューマチに効くといわれるメチルサルチル酸も含まれている。〈A〉

 このほか、ビタミンCには歯ぐきを丈夫にし、出血を防ぐ作用があるため、歯槽膿漏の人はイチゴを常食すると、症状が回復します。また、タバコを1本吸うと、約20ミリグラムのビタミンCが破壊されるため、喫煙する人は積極的に摂取するといいでしょう。ストレスの多い人も同様です。
〈A〉




★体に良い食べ物/効能別&食べ物別一覧へ







【免責事項】
 当サイトに掲載されている情報はすべての場合において有効とは限りません。利用した結果生じる損害、損失、不都合等に関しては責任を負いかねることをご理解いただき、ご自分の責任において慎重にご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。