Zowie's Room
夢事典(夢占い)手のツボ体に良い食べ物手帳リフィルブックカバー&栞着せ替え人形ペーパーグッズA4いろいろプリントiPhone壁紙
ハッピー手相術夢を叶える本イラストエッセーi-shot写真ザウイの写真プロフィールブログダイエット表ムーンカレンダー







医食同源”体に良い食べ物”/Zowie's Room


 レバー

主な成分:鉄分、葉酸、鉄分、ビタミンA・B12・C、タンパク質
効能:造血作用、貧血、低血圧症、ボケ防止、美肌、肝臓病

 ○鉄、葉酸、ビタミンB12・Cなど造血作用が高い成分が多く含まれている。レバーの鉄分は効率よく吸収されるので、貧血予防、 低血圧症に高い効果を発揮。血液の量が増えると、脳にたくさんの血液が流れるため、結果としてボケ防止にもつながる。
 
にんじんの10倍ものビタミンAのほか、ビタミンB群・Cも多く含まれるため、皮膚を健やかに保つなど美肌に絶大な効果がある。(※ただし、ビタミンAは、過剰に摂取すると排せつされず、肝臓を疲れさせ、脱毛、発疹などの過剰症が出ることになるので、とり過ぎに注意しましょう。)
 
タンパク質が肝細胞を再生させ、ビタミンとミネラルが肝臓の機能を促進することから、肝臓病の食事療法にもレバーがよく取り入れられている。
 肝臓が健康に機能するということは、体内の老廃物を速やかに排せつするということなので、
ガン成人病予防にもつながる。

 医食同源/調理のポイントレバーは薄く切って、手早く流水で血液や胆汁を流します。長時間水につけておくと、水溶性のビタミン群が失われ、水っぽくなってしまいます。(レモンやコショウ、ニンニクと調理するのもよい方法です。)


★体に良い食べ物/効能別&食べ物別一覧へ







【免責事項】
 当サイトに掲載されている情報はすべての場合において有効とは限りません。利用した結果生じる損害、損失、不都合等に関しては責任を負いかねることをご理解いただき、ご自分の責任において慎重にご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。